年上女性とタメ口で話すタイミングと3つの脈ありサインを紹介!

気になる年上女性と仲良くなるために早くタメ口で話したいと考える年下男性って少なくありません。

相手は職場の先輩で合ったり、学校の先輩ってケースがほとんどなので、立場的にもタメ口を使うって難しいです。

そんな年上女性とタメ口で話し始めるタイミングやコツについて紹介します。

気になる年上女性とタメ口で話し始めるタイミング

タメ口に切り替えていいタイミングさえわかってしまえば、こんなに悩みませんよね。

ここからはタメ口に切り替えて大丈夫な具体的なタイミングについて紹介します。

タイミング1:相手からタメ口をやめて欲しいと頼まれたら

相手から「タメ口をやめない?」と言われたらチャンスです。

タメ口で話すことでよりプライベートの深い話や価値観の話など相手のことをもっと知りやすくなります。

こちらも相手のことを気になっているので、そのタイミングを見逃さず、最初はぎこちなくてもいいのでタメ口にシフトしていくのがおすすめです。

鉄は熱いうちに打てと言いますが、相手の気持ちが熱いうちに、こちらの好意も出していけるといいでね。

タイミング2:2人でデートに出かけたとき

2人でデートに出かけた時もかなりいいタイミングです。

2人でデートに行くこと自体で相手は少なからずあなたに好意を持っているので、タメ口をきいても嫌な思いはしないはずです。

もちろん強引にはだめですが会話の節々で「うん!」、「ありがとう!」、「助かる!」など簡単なタメ口から始めてデート終盤には普通にタメ口で話せているといいですね。

2人とも大人であればお酒を飲んだ後に、ノリで使ってみるといいでしょう。

例え失敗したとしても酔ってて、つい口が滑ってしまったと弁解すればいいだけです。

タイミング3:仲良くなってプライベートの話をするようになったら

徐々にお互いのことを知っていって、プライベートの話をする仲になっていればタメ口でも大丈夫なタイミングです。

プライベートの話をする時点であなたに対して心を開いており、安心して話しています。

タメ口だけではなく、会話の内容でも自分の失敗談を話してみて笑いに繋げたり、自分の考えを伝えて相手の意見を聞いてみるなど相手が話していて気持ちよくなるよう意識するといいでしょう。

年上女性に対して自然にタメ口を使うコツ

相手が年上なだけにタメ口を使うのって勇気がいりますね。

そんな方のために違和感なく、自然にタメ口に移行するコツについて解説します。

自分に合っているものを参考に使ってみて下さい。

コツ1:年下の立場を使って甘えながら使ってみる

年下男性が一番使えるのが「甘える」です。

これに弱い女性は多く、あなたに対して母性本能を感じて「一緒にいたい。」と感じるはずです。

ただ、甘えすぎも良くないので2人きりの時なのにボソッと「ねぇ、あれ取って」、「OOが食べたいな!」など甘えるようにしましょう。

普段は敬語だけど、まれにタメ口で甘えるってかなり効果的なので使ってみてください。

相手様子を見て満更でもない様子であれば、タメ口にシフトしちゃって大丈夫です。

コツ2:あだ名をつけた流れで使ってみる

一気に仲良くなる方法として相手にあだ名をつけることが挙げられます。

苗字から「○○ちゃん」だと王道すぎるので、「○○っち」や「○○てぃー」など面白おかしく付けてみて相手の反応を見てください。

その流れて「○○のあだ名でいいね」なんてタメ口で言うといいでしょう。

気に入らない場合は表情で分かりますので、無理に強要しないことと、あくまでもかわいいあだ名をつけるようにしてください。

変なあだ名だと相手は「馬鹿にされている!」と感じますので逆効果です。

また、勇気があまり出ない人は飲みの場や週末などリスクが少ないタイミングを狙ってみてください。

コツ3:頼れる男アピールしながら使ってみる

男性が、いざという時にしっかりとした対応をとってくれると女性は「キュンキュン」して惚れてしまいます。

相手が苦手とすることや些細なことをテキパキすることがが効果的です。

困っていることがある場合に、率先して相手を助けることにより自分に対しての好感度が上がるでしょう。

常に相手が困っていることがないか気にするようにしてみましょう。

年上女性からの脈ありサイン3つを紹介!

タメ口を使って仲良くなれたとしても、本当に相手は好意を持ってくれているのか気になりますよね。

そんな不安を解消するために、年上女性からの脈ありサインを紹介します。

脈ありサイン1:Lineの返信スピードが昔よりも早くなった

Lineの返信が以前よりも早くなっていて、内容もちゃんと返ってきているのであればかなり好意を持っていると考えていいでしょう。

実はただ単に返信が早いだと、ただレスの早い人って可能性もあるのですが、昔と比べて早くなったということはあなたに対して好意を持っていて「もっと話したい!」気持ちが表れています。

例えば以前は半日に1回のLineのやり取りが1時間に1回になったなどです。

緊急性のない日常的な会話で返信が早くなった時は脈ありの可能性が高いです。

脈ありサイン2:仕事や趣味に対して頑張ってると褒めてくれる

相手があなたの仕事や趣味の頑張りを褒めてくれているときは、自分のことをよく見てくれている証拠です。

興味がない人に対し関心ってあまりわきませんよね?

相手はあなたのことを「もっと知りたい!」と常に感じていて、あなたの行動や言動をしっかりとチェックしています。

あなたのことをしっかりと見てくれて、褒めてくれる相手はかなり脈があってそういった行動を取っているはずです。

褒められるだけではなく、こちらも相手の頑張りに対して褒められると関係性も深まるのでおすすめです。

脈ありサイン3:あなたの恋愛観について聞いてくる

あなたの価値観、特に恋愛に対する感覚を知りたがる女性はかなり脈ありと考えていいでしょう。

一般的に女性は「好きです!」など直接的な表現はしない代わりに、相手の恋愛観など聞きつつジャブを打ってきます。

そんな確認作業を行いながら相手が私にとって本当に合う相手であるのかを判断しているのです。

色々と恋愛観について聞かれた時にあなたも相手を気に入っているのであれば、価値観が合うところをピックアップして話したり、相手にも意見を聞いてみて理解を深めるようにするといいでしょう。

会話を通じて相手が想像以上にピュアであることがわかるかもしれないですし、どんな恋愛を求めているのか知ることもできるでしょう。

タメ口に移行しても職場や学校など共通の場では敬語を使うべき!

徐々に親密な仲になりプライベートの時はタメ口になっていても学校や職場など他の人がいる場ではお互いに敬語を使うようにしましょう。

もしそのままタメ口で会話しているのを誰かに聞かれてしまうと「アイツら怪しい…。」、「もしかして付き合っているのかな?」など噂が広がってしまいます。

特に女性は自分の噂が広がるのが苦手なので、相手の気持ちを第一に考えて行動するといいでしょう。

もちろん2人きりの時はタメ口に直して、そのギャップを楽しむのもありですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。