タメ口に変える4つ正しいタイミングと自然に移行するコツ、敬語のままのリスクを解説

気になる相手とある程度話せるようになったけど、敬語のままでモヤモヤするって人も多いのではないでしょうか。

敬語のままですとどうしても距離感があるので、仲良くなりづらいですよね。

この記事では敬語からスムーズにタメ口に変えるためのタイミングやコツについてお話しします。

敬語からタメ口に変えてもいいタイミングとは

敬語からタメ口に変えるタイミングって難しいですよね。

相手が心を開いてくれて、「タメ口でもいいよ!」と提案してくれればいいのですがそうじゃないケースはどうしたらいいのでしょうか。

ここからは相手が快くタメ口を了承してくれるタイミングについて解説していきます。

タイミング1:メッセージが1週間くらい続いたら

気になる相手とのメッセージのやり取りが1週間くらい続いたら、そろそろ少し距離をつめていきたいところです。

メッセージを返信するときに、会話をする感じで返信をしてみましょう。

◯◯に旅行に行ってきました」の返信に「わ!私も行ったことある!素敵なところですよね」といった感じです。

自然な会話の流れを壊さず、相手の言葉に寄り添う感じを忘れないようにしましょう。

タイミング2:話が盛り上がったタイミングで

会話が盛り上がったタイミングもタメ口へのチェンジに絶好のチャンスです。

あなたとの会話が楽しすぎて思わず出てしまったって感じで使ってみるのが良いですね。

「びっくりしてしまって」を「もう、びっくりしちゃって!」とか「そうなんですね」を「そうなんだ!」という感じです。

盛り上がった勢いで、失礼にならない程度のタメ口は相手に心を開いていることを示すチャンスです。

タイミング3:初デートのとき

メールのやり取りから初めて2人きりで会った時もタメ口チャンスです。

文章でのやりとりは、お互いに少し硬くなりがちです。

だからといって会ってすぐにタメ口はもちろんNGです。相手に引かれてしまいかねません。

1時間くらい会話したら「敬語やめてもいい?」と聞いてみましょう。

もしその勇気が出ないのなら、さりげなく相槌から変えてみましょう。

「そうなんですね」を「そうなんだ!」にする。これでOKです。

「ごめんなさい!楽しくって。敬語忘れちゃってた」と笑顔で伝えれば相手も嫌な感じはしないはずです。

タイミング4:女性の好意が見られた時

女性が少し打ち解けてきた態度を見せてくれたタイミングも絶好の機会です。

少しでも好意を抱いてくれていると感じたのであれば、思い切って変えてみましょう。

具体的には、

  • 「相手が自分に興味を抱いていると感じた時」
  • 「ラインが社交辞令調でなくなったとき」

こちらのタイミングを目安にしてみてください。

敬語の期間が長いと発展しにくくなる

お互いに敬語で接する期間が長くなればなるほど、タメ口へのチェンジするタイミングがなくなっていきます。

また、敬語での会話ではどうしてもお互いに親しみがわきにくく、知り合いや友だちといった印象が位置づけられていまいます。

敬語での会話が長く続くと、定型文で会話が終わってしまう状態になっていまいます。

そうなってしまうと恋愛感情への発展は難しいものになります。

1度ついてしまった印象を払拭するのは難しいものです。

恥ずかしい人必見!自然とタメ口に移行するコツ4つ

今がタメ口に変えるタイミングだと知っても、相手を目の前にするとなかなか勇気が出ない人も多いと思います。

そんな人でも自然とタメ口に移行するためのちょっとしたコツについて紹介します。

「これ使えそう!」っと思ったものから取り入れてみましょう。

コツ1:対面が恥ずかしいなら、メッセージから変えていく

面と向かってタメ口で話しをするのがまだ恥ずかしいのなら、LINEやメールのメッセージから変えてみましょう。

文章はどうしても敬語になりがちです。

丁寧な言葉は相手に好印象ですが、それが続くと相手は距離を感じます。

「先日がありがとうございます。すごく楽しかった」といった感じに丁寧語に一つタメ口をプラスします。

定型の文章は丁寧に、自分の言葉はタメ口で伝える工夫をしてみましょう。

自然で好印象なメッセージになります。

コツ2:お互いのあだ名をつけて、タメ口のハードルを下げる

タメ口への近道に、お互いをあだ名で呼び合うという方法もあります。

もし、共通の友だちがいたなら相手のあだ名はすぐにわかりますよね。

「私もあだ名で呼んでもいいですか?」と聞いてみるのもいいでしょう。

「お互いにあだ名決めませんか?」と自分から提案することもありです。

提案することで、もっとあなたとの距離を縮めたいのですというメッセージにもなります。

あだ名を呼びながらの敬語会話はなかなか難しいものです。すぐにタメ口の会話へとチェンジしていくでしょう。

コツ3:タメ口で話す提案をする

お互いに敬語ばかりでタメ口で話せるような雰囲気にならないのなら、タメ口で話す提案をしてみましょう。

その時は、相手の意思を尊重し「もしよかったら」とか「嫌じゃなかったら」と切り出すのがベストです。

「そろそろ、敬語をお互いにやめませんか?」と笑顔で伝えれば、このミッションは簡単にクリアです。

自己中心的な提案にならないように、判断は相手に委ねるかたちで提案してみると良いです。

コツ4:相手からのタメ口やめませんか?の提案を待つ

敬語をやめてもっと距離を縮めたいのに敬語をやめるチャンスがないこともあります。

女性から「敬語やめていいてもいいですか?」の提案はなかなかにハードルが高い時もあるでしょう。

そんなときは相手が言い出すまで敬語で接するのが無難です。

敬語で接する限りは、相手に失礼な印象を与えることはありません。

相手が距離を縮めたいと思ったタイミングで、「敬語はやめませんか?」の提案がでてきます。

相手によってはタメ口で話すのを少し待つべき

ここまでタメ口に移行するタイミングや方法について説明してきましたが、ここで一つ注意点です。

人によっては、

  • 「相手のことは少しずつ信頼していく」
  • 「関係の進展は基本ゆっくり」

こちらのようなタイプの方もいます。

このようなタイプの方々は急に距離感を縮めてくる人に対してマイナスな感情を抱くこともあるため注意しましょう。

これまでの関係が崩れてしまう可能性もあるので、事前にタメ口を使っても嫌な気持ちにならないか判断する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。