浪人生でも同じ学年ならタメ口が普通?気になる疑問を解決

浪人して大学に入っても、そのあと人間関係で悩む人って意外と多いです。

大学に入るまでは勉強に集中していましたが、入学後、同級生が同い年ではないことを再認識するからです。

そんな浪人生と同学年(年下)が良好な関係を築く方法について紹介します。

浪人生が同学年とタメ口で話すのは普通だが、初対面の人とは敬語を使うべき!

大学生になると同学年であったとしても相手の年齢は曖昧なものになります。

同学年なのに年上だったり年下だったりと様々です。

こういう場合、初対面からタメ口は絶対にダメです。相手に不快感を与えてしまいかねません。

入学早々に非常識な人のレッテルを貼られることがないよう、同学年であったとして初対面は敬語で挑みましょう。

浪人生が周囲からのタメ口を拒むと浮いてしまう可能性も…。

浪人をして大学に入学するのは珍しいことではありません。

ただ、同学年の友人に年上だからといって敬語を強要するなどすると非難の的です。

せっかくの大学生活、交友の幅を狭めることになりかねません。

同学年は同学年です。相手のタメ口は受け入れ、こちらもタメ口で接していきましょう。

年上だからと相手に気を使わせることのないように、フレンドリーに接することが大切です。

もちろん同い年の先輩にも基本的にタメ口はダメ!

先輩にはもちろん敬語で丁寧に接することを忘れないようにしましょう。

いきなりタメ口に接するのはマナー違反です。

同じ年齢だとしても大学在学中、先輩は先輩です。失礼のないように接することが大切です。

もちろん仲良くなってからも敬語で過ごせと言っているわけではありません。

あくまでも最初はマナーを守って敬語でスタートということです。

同学年にはタメ口、先輩には敬語を忘れずに接すると、周りから浮いてしまうなんて状態を防げます。

浪人生が人間関係に疲れたらぼっちの選択も。友達が少ないメリットとは

浪人して大学に入った人の中でもプライドが高い人は特に、ギャップに苦しむ傾向にあります。

同学年や先輩との関係に疲れたら、

  • ごく少人数の友達と関わるようにする
  • ぼっちになる

こちらのような選択を取るのも1つの手です。

そんな友達が少ないメリットをここからは紹介します。

メリット1:人間トラブルが減る

ぼっちでいることのメリットの1つとして、煩わしい人間関係のトラブルに巻き込まれることがなくなることがあげられます。

複数の人間が関わると、どうしてもトラブルはつきものです。

あの人をたてたら別の人が怒ってなんて、面倒くさいこともありますよね。

喧嘩や恋愛問題など自分には関係ないことなのに、他人に関わることで巻き込まれるトラブルは数多く存在します。

ぼっちで過ごすことで、この煩わしい人間関係のトラブルを回避することが可能になります。

メリット2:自分の考えがはっきりする

ぼっちで過ごす時間が長くなると、1人で考える時間ももちろん長くなります。

その結果、自分の考えがはっきりと見えてきます。

人の意見を多く聞きすぎると、時に考えがぶれてくることもあるでしょう。

1人で過ごすことによって、他多数の意見に振り回されることが少なくなります。

そして、より自分の考えを深く掘り下げることができるようになります。

メリット3:お金や時間を有意義に使える

人との付き合いには時間もお金も必要なものです。

行きたくない飲み会に付き合いで出席したり、面倒な相談をされて時間を削られたりすることもあります。

ぼっちで過ごすことで、この無駄な出費や時間を節約することができます。

人から相談されることもないので、自分の時間を些末なことで奪われることもありません。

自分だけの時間を充実させることができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。