プライベートでもタメ口のマナーは大切!職場以外での使い方を紹介

プライベートで会った人がいきなりタメ口をきいてくると驚きますし、常識がない人と感じますね。

相手は普通だと感じていても、受けてはかなり嫌な気持ちになりますよね。

今回は初対面のマナーやタメ口を辞めさせる方法について紹介します。

社会人として最初は敬語で話すのがマナー

職場では完璧に立ち振る舞いをしている人が、プライベートでは最初からタメ口だと少しがっかりしてしまいますよね。

仕事とプライベートの区別がハッキリしているといえばそうなのですが、プライベートであった途端にタメ口はダメです。

職場できちんとしている人には、その反動でプライベートでは砕けた口調になってしまう人がいます。

そんなことをしてしまったら、社会人としてせっかくの評価が台無しになってしまいます。

プライベートでも最初は丁寧な言葉づかいを心がけましょう。

プライベートのタメ口が嫌!タメ口を止めさせる方法とは?

プライベートの場でタメ口をきかれたときに、嫌であれば対策を取るべきです。

職場などと違ってこちらから距離を置くことで関係を断ち切ることはできるかもしれませんが、縁などもありますし、すぐに相手を判断したくないケースもありますね。

そんなときに使える相手のタメ口を止めさせる方法について紹介します。

自分の年齢をどことなく伝える

年下の相手にタメ口をやめてもらいたのに、うまく伝えることが出来ないこともありますよね。

童顔であったり、背が低かったりとどうしても幼く見えてしまう人は、タメ口で話されることが多いです。

そういう時は、やんわりと年齢を相手に伝えましょう。

こちらを年下と思って、タメ口で接してきている相手になら、この方法が一番です。

年上相手に、タメ口はききづらいものです。

すぐに相手も態度を改めることでしょう。

やんわり指摘してみる

タメ口をストレートに注意してしまっては、こちらの心が狭いように思われないかなとか、トラブルに発展しないかなと心配な時もあると思います。

そういうときは、やんわりと相手にタメ口NGを伝えなければなりません。

少し難しいのですが、本人が自分で気づくように仕向けるのが一番です。

例えば、言葉づかいが悪い人を話題にして、注意を促すこともいいと思います。

よほど鈍感な人でなければ、自分の立ち振る舞いを振り返り、自らの態度も改めてくれるでしょう。

プライベートでいきなりタメ口を使うと相手はどう思う?

初対面からいきなりタメ口を使ってくる人ってかなり常識がないですよね。

不快に感じるのはもちろんのこと、どのような気持ちになっているのでしょうか。

年上の方はタメ口をきかれたことよりも尊重されてないことがショック

親しくない年下からタメ口を効かれると、やはり不快に感じることが多くあります。

タメ口には、相手との距離を縮めたいという気持ちもあるかとは思いますが、受け取る側としては、相手と同等かそれ以下に自分が思われているのではないかとショックを受けることもあります。

簡単に言えば、年下に尊重されていないと感じてしまうのです。

また、社会人としてのマナーが出来ていないと思われることもあります。

せっかく、仲良くなりたいのにこれは大きなマイナスです。

そんなショックを相手に与えないためにも、最初は丁寧な言葉で接することを忘れないようにしましょう。

二度と会いたくない気持ちになる

初対面でいきなりタメ口で話されると、多く人がもう2度と会いたくないなと感じるようです。

第一印象は本当に大切なものです。

いきなりのタメ口は、常識の無い人、マナーを知らない人という印象を与えてしまいます。

また、相手が自分を下に見て、舐めているのではないかとショックを受けてしまう人も多いものです。

そんな相手とは、2度と会いたくなくなりますよね。

そうならないよう、タメ口を効いてもいい場面かどうか、きちんと判断して行動をするようにしましょう。

わからないなら、タメ口は相手が許してくれるまでは封印することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。