バイト先でタメ口ってあり?年下の先輩・年上の後輩・同い年の先輩のケースをそれぞれ解説

多くの人が経験するアルバイトですが、初めて人間関係で悩んだって方も多いはずです。

これまでは学校の中で気が合う友達と連んできましたが、バイト先では色んなタイプの人と関わるようになります。

そんな環境の中ではどんな言葉遣いが正しいのでしょうか。

今回は状況別のバイト先での適した言葉遣いについて解説していきます。

タメ口NG!年上、年下関わらず新人は敬語を使うべき!

https://twitter.com/_ashtaro_/status/1309140313949327360?s=20

バイト先での人間関係は、働いていく上でとても大切です。

新人で入った時には、たとえ相手が年下であろうとも、必ず敬語で接しましょう。

バイト先には、色々な年齢の人が働いているでしょう。

例え年下といえども、その職場で先に働いている相手は先輩に当たります。

立場を尊重し、必ず敬語で接することがマナーです。

そうすることで、新しいバイト先での人間関係に悩むことも少なくなるでしょう。

年下の先輩のケース

バイト先入ったばかりだと、他のバイトは基本的にあなたの先輩にあたりますね。

その中にはあなたよりも年下の人もいるでしょう。

そんな人とはどのように関わっていけばいいのでしょうか。

年下でも礼儀を持ってまずは敬語で話すべき!

アルバイト先で、年下の先輩が出来ることも多いでしょう。

年下といっても、その職場で1日でも先に働いているのであれば、それは先輩にあたります。

目上の人に、敬語で接するのは当たり前のことですね。

年下だからといって、だれかれかまわずタメ口なんて、非常識な人と思われます。

親しくなってくれば相手から「もう敬語はやめませんか」と提案されることも多いです。

相手からのタメ口OKが出るまでは、敬語で接するのが無難です。

年上の後輩ケース

逆にある程度バイトで長く働くようになると、自分の後輩もできます。

後輩の中にはあなたよりも年上の方もいるはずです。

そんなケースでの適した関わり方について紹介します。

プライドを傷つけないように、敬語を使うのが無難!

バイト先で、年上の後輩が出来ることはよくあることですね。

そんなとき、年上の後輩相手にタメ口で接してしまうのは、考えものです。

相手が敬語で接してきてくれているなら、こちらも敬語で接しましょう。

バイト先では、こちらが先輩でも長い人生で考えたら、相手が先輩です。

年上であることのプライドを傷つけないように気をつけて接することが、円滑な人間関係を築くコツです。

後輩だからといって、タメ口や命令口調での指導はNGです。

仲良くなるとタメ口で大丈夫ですと言ってくることが多い!

バイト先などで、年上の後輩が出来ても敬語で接することが無難ですが、相手から「敬語でなくても」と言われることもあります。

仲良くなってくると、年齢が自分よりも下の人間から、敬語で話されることがなんとなく恥ずかしくなってくるものです。

バイト先で年上の後輩が「敬語でなくても大丈夫です」と言ってきたら、タメ口で話してもOKです。

相手から申し出あるまでは、敬語で指導することを忘れないよう気をつけてください。

タメ口で話すことで、お互いの距離が縮まり仕事もやりやすくなるでしょう。

同い年の先輩ケースでも敬うべき

バイト先では、同じ年・同じ学年でも先にその職場に入って仕事をしている人が、先輩にあたります。

先輩には、敬語を使うことが社会のマナーです。

学校とは違い、社会では先にその場で働いている人が先輩にあたります。

年齢などは関係がありません。

先に入って、働いている人に仕事を習うということを考えれば、相手を敬うことも当たり前だと気づくはずです。

バイト先では、年齢に関係なく、先輩には敬語を忘れないように気をつけてください。

バイトで相手のタメ口が不快な場合の対処法!

相手のタメ口がどうしても不快だと感じてしまうケースってあります。

こちらが行動をおこさない限り、現状は変わっていかないので対策を取ることが何より大切です。

ここからは具体的な対策を紹介していきます。

シフトを変えてもらい、かぶらないようにする

バイト先で同じシフトの人がタメ口で接してきて不快なんて時は、シフトを交代してもらうようにしましょう。

本当なら注意をしたいところですが、直接注意して相手と険悪になりたくない時もあります。

そういうときは、こちらから相手を避けることも手段の1つです。

なるべくシフトがかぶらないように、交代して貰うなど工夫をしてみましょう。

相手にお願いする

こちらが嫌がっているのにタメ口で接してくる相手がいる場合、シフト変更などの工夫も必要ですが、それもできない場合もありますよね。

その時は、直接相手にタメ口を辞めて欲しいと頼むより方法がありません。

きちんと話しをすれば、社会の常識として理解をしてくれることの方が多いでしょう。

不快なのを我慢していると、いつかこちらが爆発してしまいます。

その前に、きちんと話しをしてみることをおすすめします。

どうしても我慢できなければ辞める

バイト先でのタメ口がどうしても我慢ができない場合は、バイトを辞めることを検討するのをおすすめします。

もし、バイトを辞める場合は、1ヶ月前には必ず責任者である店長などに、退職の意思を直接伝えることがマナーです。

LINEやメールなどで済ませては非常識な人と思われてしまいますし、突然辞めては他の人に迷惑もかかります。

こちらの都合で辞めるのですから、最後まで礼儀を忘れずに手続きをしましょう。

バイトを通じて、社会人に必要なマナーやスキルが身につくのは確か!

学生の時にしたアルバイトは、社会に出たときに必ず役に立ちます。

社会人として必要な敬語やマナーもアルバイトで働くうちに、自然と身についてきます。

学校では、社会のマナーは教えては貰えません。

良い対人関係を築くスキルや、目上の人とのコミュニケーションなど、アルバイトで得られる知識は沢山あります。

実際に働き、その対価としてお給料を受け取った時、社会人として働くことの基本を体験することもできます。

アルバイトを通じて学んだことが、実際に社会に出たとき、必ずあなたを助けてくれることでしょう。

結局はバイト先の雰囲気や相手の人柄によってタメ口を使うか判断するのが良い!

バイト先でのタメ口について、色々と説明してきましたが、一番大切なのは相手の出方を観察することです。

どんなにフレンドリーな雰囲気のバイト先でも、最初からタメ口で話すことは危険なものです。

タメ口を使うかどうかは、相手の性格やその場の雰囲気などをみて判断することが必要です。

こちらが丁寧に接していれば、相手もそれに答えてくれるものです。

タメ口で話したいと思うのであれば、相手を尊重し、タイミングさえ誤らなければ大丈夫でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。