誰にでもタメ口はよくない?ダメな理由やタメ語が許される人とは

タメ口の使い方について理解できていない人って意外と多いです。

誰に使っていいのか?また、どんな状況で使っていいのか?など意外と線引きが難しい部分について今回は解説していきます。

この記事を見ることで自分は誰に対してタメ口を使っていいのかしっかり理解できるでしょう。

それでは早速解説していきます。

誰にでもタメ口・タメ語がよくない理由とは

誰にでもタメ口・タメ語が良くない理由としては、初対面でタメ口やタメ語を使う人がいます。

親近感やフレンドリーに接したいがために、話しているはずです。

だたし初っ端からタメ口・タメ語を言われるとこちらとしてはどのように返答すればいいのか悩みます。

流れで言わずに。敬語で回答することが望ましいでしょう。

そして、タメ口・タメ語を使用することにより相手が不快に思い殺人事件となった件もあります。

タメ口・タメ語を話している本人は、どうも思っていなくても相手は不快になります。

もちろん気にせずに接している方もいますが、大体の方はなぜタメ口・タメ語で話してくるのだろうかと考えます。

見た目が若いから、明らかに自分の方が年上に見えるからなど考えられます。

タメ口・タメ語を使うことにより、ひょんなことから事件に発展しざる負えなくなります。

ただし、初対面では年齢関係なく敬語で接するのは一番です。

社会人になったり、上下関係を考慮し相手を敬う気持ちを忘れずに。

最初からタメ口・タメ語で話すと仲良くなれるは間違い

ごくまれに、タメ口・タメ語やきわめて失礼なジョークを使うことにより勝手に仲良くなると勘違いしている人もいます。

タメ口・タメ語を使うまでの工程として、最初は敬語を使い徐々に心を許せる仲になって打ち解けてからお互いタメ口・タメ語を使いましょうと気さくな会話やジョークを使うようになります。

そこを履違えることによって相手は初対面からタメ口・タメ語ましてやジョークを使うなんて何を考えているのだろうと感じます。

少し非常識な人だなと思われてしまうので気を付けるところです。

注意点としてはタメ口・タメ語やきわめて失礼なジョークを使うには段階を踏んで仲がよくなってから使用するように心がけましょう。

どうしても今後親密な関係になりたいのであれば相手の気持ちに経って考えることです。

上司が部下にタメ口や馴れ馴れしい態度を取るとパワハラ・セクハラになるケースも…。

上司が部下に対してタメ口を使っているケースはよくあります。

例えば、「仕事の後、飲みに行くぞ」と言われることです。

仕事中の指示に対しては仕方ないこともしばしありますが、終業規則後の強制な言動や言葉についてはパワハラになります。

上司には、仕事付き合いなので断ることも出来ない方もいますが、部下としては、上手く断ることも重要です。

上司によくあるパターンは女性部下を「ちゃん」付けすることです。

女性部下によっては苗字で読んでほしい場合もあります。

「ちゃん」付けは少し距離が近く嫌な気持ちになることもあります。

完全にセクハラ行為です。

しかし女性部下からは中々言いづらいところなので他の男性の方が気づき上司に言うべきです。

ハッキリ伝えることは上司に直接伝えると言うのは中々難しいので相手のことを配慮した伝え方が肝です。

タメ口や馴れ馴れしい態度や言動が伴うとパワハラ・セクハラになる可能性が高いのでご注意を!

結局、タメ口・タメ語が許される人はどんな人なの?

最終的には、タメ口・タメ語を使うことが許される人はどういう人なのでしょうか。

現状の自分自身の立ち位置を考えて状況に応じて、相手とのコミュニケーションの中でタメ口・タメ語を使うべきか判断が出来る人です。

そして相互で信頼関係を持ち、相手とも許される仲になればタメ口・タメ語を使うことが出来ます。

しかし上司や年上の方については状況次第にはなりますが、タメ語・タメ口を使用を控え極力敬語のままがいいでしょう。

上司にタメ口・タメ語を使ってトラブルになってしまうと本末転倒です。

敬語やタメ口・タメ語は臨機応変に対応していきましょう。

どうしてもタメ口・タメ語を使う場合は家族や恋人、仲の良い友人や同僚までにとどめておくのが望ましいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。